畳替えの目安

◆ 畳替えの目安

畳の寿命は特に何年と決まっているわけではありません。
畳床の種類によって変わってはきますが、それと同時にその部屋の使い方や手入れの仕方、敷かれている状況などによって傷み具合も大きく異なってきます。古くなった畳はその機能低下はもちろんのこと衛生上もよくありません。
畳の現状をよくチェックして、定期的に畳替えすることをオススメします。

畳替え方法は主に3通り

畳の
新調
畳床も畳表も畳縁も全て新しくします。新しい畳への交換作業です。 畳の新調は15~20年が目安です。
歩いたときにデコボコした部分や見ため的にも替え時と思った時が畳の切り替え時期です。新調から何十年も経っていたり、裏返しや表替えできない場合に行います。
畳の
表替え
畳床はそのまま使い、畳表と畳縁を新しく取り替える作業です。 畳の表替えは3~5年が目安です。
日焼けして変色したり、すれて傷み始めたら、早めに裏返しをするのが今使用している畳表を長持ちさせる秘訣です。
畳の
裏返し
畳表を裏返しにして使っていない裏面を表として使用できるように仕立てます。 新しい畳を入れてから2年~3年が裏返しの目安です。
使用状況によっては裏返しができない場合がございます。

投稿日:

Copyright© 株式会社いまい|畳と内装のリフォーム工事専門 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.